社会福祉法人 芙蓉会


理事長 戸巻芙美夫

新しい年に

 

「自分を愛するように 隣り人を愛せよ」
 皆様、お健やかに新年をお迎えのことと心よりお祝い申し上げます。
 新しい年を迎え、26年度事業計画を昨年より計画しております。地域密着型小規模多機能居宅介護施設複合型サービス建設の時が待たれます。地域包括ケアの整備が進み、地域での福祉問題が解決する方法として期待されます。
 今、新聞、テレビで毎日のように起きている事件を考えますと、「いのち」と「こころ」を大切にする教えを再び皆で考える必要の時かと思います。人々の生活は、思い通りになる場合と、そうでない場合が常々あります。「生きる」とは時間をかけ、手間暇と心からの思いやりが必要で、「効率や思い通り」という考え方は生活している私達に合わないものであるかは明らかです。「効率偏重社会」「自分さえよければ」「結果が良ければ何をしても」等々の事件が毎日のように報道されています。
 芙蓉会の仕事でお世話する福祉の仕事のすぐ隣りの出来事です。
 芙蓉会創立者渡辺代吉氏が隣人愛を理念に今日仕事が進められているが、事件を起こす方々に聞かせたい「教え」があります。それはモーセの「十戒」です。その一部にこう書かれています。
 汝、父母をうやまえ 汝、殺すなかれ
 汝、姦淫するなかれ 汝、盗むなかれ
 キリスト教の人生訓が、人々の間で守られ、平和な今日がある。安心安全な社会を目指すのにこの教えを守らなければならないでしょう。自分さえ良ければ、見つからなければ等々の思いから、万引、盗みが多く、反省する、悔い改める大切さがわからない、誘惑されやすい子ども、大人、おとしよりの方々が立ち直りが出来る一年であってほしいと願わざるを得ません。
 本年も「いのち」と「こころ」を大切にする年であり、芙蓉会の施設を必要としている乳児、子どもたち、おとしよりの皆様、三園で働いて下さる役員職員の皆様、この一年の健康と御多幸を祈念しまして、年頭の挨拶と致します。

 

平成26年元旦

社会福祉法人 芙蓉会
理事長 戸巻芙美夫