社会福祉法人 芙蓉会

富士中央ライオンズクラブから寄付をいただきました

 富士中央ライオンズクラブ(関正和会長)は18日、市内の5カ所の児童養護施設にクリスマスプレゼントを配布した。
 配布先は社会福祉法人芙蓉会が運営する乳児院みどり園、児童養護施設ひまわり園、地域小規模児童養護施設ひろみ園、社会福祉法人誠信会が運営する児童養護施設岩倉学園と誠信少年少女の家。
 菓子の詰め合わせを芙蓉会に約120個、誠心会に約80個、計200個(40万円相当)を届けた。
 芙蓉会では、サンタクロースに扮した関会長らクラブメンバーが訪れ、プレゼントを受け取った子供たちは笑顔の輪を広げ、ひと足はやいクリスマス気分を味わった。
 関会長は「クリスマスプレゼントの配布は今回で15回目になる。毎年子供たちが”サンタさんありがとう”と笑顔を見せてくれ、こちらが感動をもらっている。今後も活動を続けていく」と話した。
 戸巻芙美夫理事長は「子供たちには自分の境遇に負けずに強く生き抜いてほしい。そのためには、こうした温かな支援が子供たちの励みや心の安らぎになるのでありがたい」と感謝を伝えた。

本文:富士ニュースより